ハル・パーセル医学博士から

Dr. Hal Purcell(ハル・パーセル医学博士)

ホホバの生まれ故郷である米国アリゾナ州ソノラン砂漠では、見渡す限りのホホバ畑を今も手塩にかけて育てながらホホバの研究開発に取り組む一族がいます。 一族の父、ハル・パーセル医学博士は、ホホバの研究に取り組み、ホホバ研究の第一人者としてホホバのもつ可能性を信じ、美容と健康のためのホホバの品種改良に成功しました。 その品種の名は「KEIKO種」。 この「KEIKO種」の名前は日本人に由来します。

ハル・パーセル医学博士の研究を長年支え続けた日本人のご夫人への感謝と愛情を込めて、彼女の名前「KEIKO(ケイコ)」と名づけました。 この「KEIKO種」から抽出されるホホバオイルは、「ワックスエステル」の含有量が多いことから米国政府より世界第一位に認定された「プレミアムホホバオイル」です。

この愛情溢れた「KEIKO種」は彼らのホホバ農園でしか栽培されず、生産量も限定されているため、世界でも限られた美容先進国でしか手にすることができません。 そして、日本で唯一、この「KEIKO種」を託されたサンナチュラルズでは、ホホバの伝道師として日本の皆様へ「プレミアムホホバオイル」をお届けいたしております。 ホホバの恵をご実感いただくために—。

ハル・パーセル医学博士プロフィール

「ワックスエステル」の重要性にいち早く着目。地球上で唯一、「ワックスエステル」を含有するホホバの品種改良に取り組むため米国農務省(USDA)、カリフォルニア大学、アリゾナ大学の研究機関と共同研究を行い、25年もの歳月をかけて、美容のための品種「KEIKO」種を開発。

スキンケアのために開発した「KEIKO」種の名前の由来は彼の最愛なる日本人のご夫人の名前から命名。